病理組織検査

固定法

  1. 1.検体は、採取後速やかに、固定(固定液に浸透させる)してください。
  2. 2.固定液は、10%ホルマリン(必要に応じて20%)水溶液を使用。
  3. 3.固定液量は組織量の約10~20倍以上として下さい。

取り扱い法

  1. 1.手術材料は所定の方法に切り開く(病理組織・細胞診項目別取扱い一覧の図1、図2参照)固定液が充分に浸透する様に固定して下さい。
  2. 2.検体は乾燥、冷保存、圧迫、変形をできるだけ避けて下さい。

提出法

  1. 1.検体提出用容器は、検体の大きさ・固定液量に応じて大きさを決め、区別の必要がある場合は複数個を提出してください。
  2. 2.ふた・キャップは確実に行い、漏れのない様に固定してください。

材料別留意点

  1. 1.食道・胃・大腸
    切除後、粘膜面を上にし、ゴム板・薄板等に広げて固定して下さい。(病理組織・細胞診項目別取扱い一覧の図1参照)
  2. 2.子宮
    前面より「Y」字型に割面を入れてから固定して下さい。(病理組織・細胞診項目別取扱い一覧の図2参照)
  3. 3.
    割面にガーゼを挟み表面にもガーゼを掛けて固定して下さい。
  4. 4.リンパ節
    切除後に部位番号あるいは部位名を明記し、別々の広口ビンに入れて、固定して下さい。

ページトップへ戻る

検体の受領と搬送

受領

貴院の集配は、毎日、[   ]曜日[   ]時頃、受領場所[        ]へお伺いいたします。

搬送

お預かりしました検体は、
①[        ]には、[   ]時頃(搬送時間:[   ])
②札幌病理検査センターには、[   ]時頃(搬送時間:[   ])に搬入されます。
地域によっては直接宅配か、間接的に他検査センターによる搬送を行っています。

ページトップへ戻る

検査結果の所要日数

検体をお預かりした翌日を起算日とし検査結果を先生のお手元にお届けする日数です。病理組織・細胞診項目別取扱い一覧をご参照ください。

ページトップへ戻る

検査結果のご報告

検査結果は当センター所定の報告書にてお届け致します。至急を要する結果は、電話、FAXにてご報告いたします。

ページトップへ戻る

検体保管

検査終了後の検体(検体残、パラフィンブロック、プレパラート)は年度別に整理され、下記の保存期間で管理されます。尚、組織残など腐敗、変性の著しい材料は、検査終了後速やかに処分させて頂きますのでご了承ください。

組織診 検体残          3年
パラフィンブロック    10年
プレパラート       2年

ページトップへ戻る

診断法

組織診

「臨床・病理・癌取扱い規約」を活用し、適宜AFIP(米国)及びWHO分類も参考にし、他疾患は各代表的分類に準じます。

ページトップへ戻る

お問合せ

検査内容等のお問い合わせ、ご意見、ご指摘については営業担当者までお問い合わせください。

ページトップへ戻る

サイトマップ 株式会社 札幌病理検査センター

〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西14丁目
北日本南大通ビル4F
TEL 011-261-2713
FAX 011-261-2714

COPYRIGHT©2015 SPL ALL RIGHTS RESERVED.